大東亜戦争: 

        阿波丸事件 (1945年4月1日)

 

     関連テーマの有用参考情報

 

 ■阿波丸事件殉難者之碑 (東京都港区芝の増上寺)

    

awamaru01.JPG (59475 バイト)awamaru02.JPG (59149 バイト)

 

 

 

 

 

  

 ・阿波丸事件殉難者之碑

 

 阿波丸は第二次世界大戦も終りに近い昭和二十年四月一日夜半台湾海峡で米国潜水艦クイン・フィシュ号に不法撃沈された。同船は連合国側の要請に応じ日本軍占領の南方諸地域に抑留されている捕虜および民間人に対する救恤の輸送に當っていた。国際法でその安全が保障されていたにもかかわらず、この悪魔のような所業により遭難者の数は二千有餘名、世界史上最大の海難事故となった。

 

 加害者に対する責任の追求や賠償交渉も進まないうち、同年8月わが国は無条件降伏し、軍政下の日本政府はなぜか事件の真相を究明せず、米国に対する賠償請求権を国会の決議として放棄した。

 

 いまや平和の時代となり、経済は復興したが戦争の悲惨と虚しさは私たちの胸を去らず、帰らぬ人のことを思ひ続け悲しみを懐いて三十餘年、事件の謎は今なほ解けず、船体の引揚げ遺骨の拾集も実行に移されないままである。

 

 三十三回忌に當り、悲憂を文に記し世に訴へるとともに、法要の心とするものである。

 

           昭和五十二年四月一日

              阿波丸事件犠牲者 遺族一同 

     碑

  

  昭和五十二年十月一日

       青木一男 書

この慰霊碑は犠牲者の遺族をはじめ、故人がもと所属していた団体及先輩、友人、知己並びに親戚等の、多大な協力を仰ぎ、完成したものである

 

 犠牲者等の遺骨は中国の手により引揚げられ、日本政府派遣の遺骨受領訪中団に引渡された。阿波丸遺族会代表はこれに参加し、かつ分骨をうけ、納骨法要を営んだ。遺骨の拾集は遺族の三十五年の永きに渉る悲願であり、これが実現に盡力された中国の関係者に対し、衷心より感謝をおくる。

 

       昭和五十四年七月五日     納骨

       昭和五十五年四月一日     納骨

       昭和五十六年五月二十九日  納骨

        

                      阿波丸遺族会

  ●阿波丸関係ニュース

 (新華社発情報)第2次大戦中行方不明になった北京原人頭蓋骨捜索のために、1945年4月に沈没した阿波丸を来年引き揚げる計画が進んでいる。

   ⇒2004年10月10日付の讀賣新聞掲載記事

 

 ■「阿波丸事件」に触れている書籍

 

   ・「ビルマ脱出記」

    (田村正太郎著、図書出版社) 

     「運命の阿波丸」  86〜97頁

   ・「カンボジア綺譚」

     三宅一郎 著作品社

  本書自体は、戦時中プノンペン領事館員であった著者

  による、カンボジアの民間信仰や神話伝説をモチーフと

  したファンタスティックな物語であるが、「うらばなし」とし

  て付されている別冊子に、著者・三宅一郎氏と阿波丸

  との関係や写真が掲載されている。

   北京大使館からプノンペン領事館へ転勤の辞令を受け

  た三宅一郎氏は、阿波丸に乗ってサイゴンで下船。

   阿波丸船上でモーニング姿の三宅一郎氏の写真が掲

  載されているが、その事情は;

   マカオの福井保光副領事が公園で中国人に狙撃され

  て死亡し、その遺骨を香港で受領するために儀典課の

  人たちが阿波丸に乗船しており、三宅一郎氏もその遺

  骨受領式に参列したため。儀典課員たちも、遺骨と一緒

  に海に沈んでしまうことになる。 

     メコンプラザ内での関連テーマ紹介

 

 ■関連テーマ・ワード

   (アジア太平洋戦争)

 

  「阿波丸事件」

     「緑十字船」阿波丸が1945年4月1日夜、台湾海峡に

        おいて米国潜水艦により撃沈された事件

 ■書籍紹介

 

 

 「阿波丸事件 太平洋戦争秘話

   ミノル・フクミツ 著、読売新聞社

 

 

   ◆請願文 (全文、原文)

     阿波丸遺族会による日本政府

      (佐藤栄作首相宛て)への請願

         (1947年5月1日付)

 

 

  ・「阿波丸はなぜ沈んだか」

   昭和20年春、台湾海峡の悲劇

 

    松井覺進 著、朝日新聞社、

             1994年5月

 

阿波丸事件の戦中から戦後にかけての謎の解明に肉迫しようとした、朝日新聞記者によるドキュメント

 

 

 

  「阿波丸の悲劇  空白への挑戦

       朝日新聞夕刊(にゅうす・らうんじ)に、

       41回にわたり連載。  松井 覺進  記者

               <1990年9月3日〜1990年10月31日>

  ・「呪われた阿波丸」

      

     千早正隆 著、文芸春秋、1961年

  ・「阿波丸撃沈ー太平洋戦争と日米関係」

      

     ロジャー・デイングマン 著、

     成山堂書店、2000年6月

 

    「阿波丸事件」関係書籍

 

 ■「阿波丸事件」を題材にした書籍

 

  「シェエラザード」

     (浅田次郎 著、

        講談社・講談社文庫)

 

    「阿波丸」の悲劇を素材とした大作長編

    小説。本書では「弥勒丸」という船名。

 

 

 ■「阿波丸事件」に触れている書籍

 

  ・「極道放浪記@殺られてたまるか!」

  (浅田次郎著、幻冬舎アウトロー文庫) 

   第8犯 銀座黄金伝説・幻の一千億円 

    大物政治家も暗躍。沈没船引き揚げの

    オイシイ話   88〜99頁

         

   阿波丸サルベージに関する話で台湾

   政財界の大立者や国会議員の秘書を

   名乗る男が登場。

  

 

 ■「阿波丸事件」を題材にした書籍

  「ゴルゴ13 暗黒海流」

    (さいとう・たかを 著、リイド社)

 

   「阿波丸」の悲劇を素材とした1980年

   1月作品。本書では「安房丸」という船名