人物: − 日本人

        山田長政 (1590〜1630)

 

     関連テーマの参考情報

 

 ■山田長政屋敷跡 (静岡県静岡市馬場町)

    

 

nagamasa02.JPG (42294 バイト)nagamasa01.JPG (41139 バイト)nagamasa03.JPG (47886 バイト)

 

 

 

 

 

  

 ・山田長政屋敷跡

 

 山田長政は、天正18年(1590年)ごろ駿府馬場町の紺屋、津ノ国屋に生まれたという。

 慶長12年(1607年)家康が大御所として駿府城に在城し駿府が日本の政治、経済の中心となり活気にあふれた頃に少年時代を過ごした長政は、時の貿易奨励策で海外へ進出する商人たちに刺激され、慶長15年(1610年)駿府の商人、滝佐左ヱ門、太田次郎右ヱ門らの船にのり、シャム(タイ)に渡った。

 そのころシャムのアユタヤの日本人町には7千人の邦人が住んでいた。長政は、この日本人町の頭領となり、シャムのソンタム王に仕え象にまたがり日の丸を立てた日本兵を率いて勇敢に戦い、次第に重きをなしついに六昆王(リゴール国王)に任ぜられたという。

 寛永3年(1626年)には故郷駿府の浅間神社に戦艦図を奉納しており、この戦艦図は焼失したがその写しは今も神社に伝えられている。

 その後、ソンタム王の死去による後継者争いに巻き込まれ、寛永7年(1630年)隣国との争いのとき足に受けた傷に毒を塗られて死亡したといわれる。

 天保13年(1842年)の馬場町絵図には、ここに津の国屋九左ヱ門と記してあり、ここが山田長政の生家跡とみられる。

 

                平成4年10月 静岡市観光課 

 nagamasa06.JPG (46171 バイト)

   静岡浅間神社 

    (静岡県静岡市)

 

     静岡浅間神社のサイトはこちら

 

 

nagamasa05.JPG (45177 バイト)

  文化財資料館

   静岡浅間神社内)

  入場料200円、9:00〜16:30

  月曜休館

 

 

   常設展示に山田長政関係資料あり

     ・山田長政公肖像

     ・山田長政公奉納の「戦艦図」の写

     ・「義勇軍の行進図」

          (ワット・ヨム寺院壁画の模写)

nagamasa04.JPG (56799 バイト)

 臨済寺

   静岡県静岡市)

 

  少年時代の山田長政がここで学んだ

  とみられる。今川家の菩提寺

  

 

  ■毎日新聞夕刊(1987年3月4日付)掲載論文

        矢野 暢 氏による山田長政非実在説

     「山田長政は実在したか」

       −日タイ修好百周年に寄せて −

 

   ■朝日新聞(1987年3月10日夕刊)掲載の特集記事

     「実在したのか英雄・山田長政」

 

     メコンプラザ内での関連テーマ紹介

 

 ■書籍紹介

  《メコン圏を対象とする調査研究・

   概説書》 (山田長政がテーマ)

 

 「史実 山田長政」

   江崎 惇 著、新人物往来社

 

山田長政と同郷の作家による、山田長政の生涯、史料についての史実書。現代での顕彰事業も紹介

 

 

     《メコン圏を対象とする調査研究・

   概説書》 (山田長政がテーマ)

 

  ・「史伝 山田長政」

    小和田哲男 著、学研M文庫

 「山田長政 知られざる実像」(講談社)

  の文庫化

南進論から作り出された海外へ雄飛した英雄観から離れ、貿易家としての山田長政を再評価

 

 

 

 《メコン圏を舞台とした小説》

       (山田長政を題材)

 

 ・東京ーバンコク生首殺人事件

    和久峻三 著廣済堂文庫  

     

殺人事件の裏に山田長政の秘宝と、謎のトンパ文字が絡む静岡とタイを舞台とする伝奇ミステリー

 

 

  

 《メコン圏を舞台とした小説》

       (山田長政を題材)

 

 ・「山田長政の密書」

    中津文彦 著、講談社

 

江戸時代の初期、シャムに渡って活躍したと伝えられる山田長政の生涯と謀殺の真相に迫る歴史推理小説

 

  《メコン圏を舞台とした小説》

       (山田長政を題材)

 

 

  「アユタヤ日本人町の決闘」

  村上禎一郎 著新風舎

 

 1974〜75年、タイ中部サラブリ県の日系合弁工場で繰り広げられる激しい労使紛争を題材とした小説

 主人公の日本人若者が、山田長政の第13代目末裔か?という設定

 

 今後紹介予定

 《メコン圏を舞台とした小説》

       (山田長政を題材)

 

 ・「風雲児」 上・下

    白石一郎 著、文春文庫

  

  

 

 

 今後紹介予定

 《メコン圏を舞台とした小説》

       (山田長政を題材)

 

 ・「王国への道 −山田長政ー」 

    遠藤周作 著、新潮文庫

 

 ■関連テーマ・ワード

 

    (太平洋戦争)

  紙芝居 「リゴール総督・山田長政」

     「南方進出の英雄」として日本の南進政策という国策

     に沿って脚色利用された山田長政物語

    (歴史ータイ)

  浅間神社戦艦図絵馬

    山田長政が1626年(寛永3年)シャム(タイ)から

    郷里・駿府の浅間神社に奉納した戦艦図絵馬

    (文化ータイ)

    映画「山田長政 王者の剣

    長谷川一夫扮する山田長政の半生を描いた大映

    映画で、初の日・タイ合作作品(1959年公開)

 ■メコン圏と日本との繋がり

  ・「清水次郎長と山田長政」

   幕末に東海道の大親分とうたわれた侠客、清水次郎長

   (1820年〜1893年)が、1892年(明治25年)に駿府

   城内で「山田長政銅像建立義捐大相撲」の興行を行う。