『竜王のメコン河』

      関連テーマ・ワード(バックナンバー情報)

               = ラオスの歴史関連 =                

 関連テーマ・ワード

@ラーンサーン王国建国者

    ファーグム王

Aラオ族初の統一国家

    ラーンサーン王国

B王都をヴィエンチャンに遷都

    セーターティラート王

 

 

 

 

 

Aラオ族初の統一国家

    ラーンサーン王国

 (1353年〜1707年)

1353年 ファーグムが、シェントーンを基礎としてランサーン王国を建国。その後、多少の政治混乱期(サームセーンタイ王妹による10年間の政治私物化など)を経、15世紀後半にはベトナム(黎朝)の侵略を受けることになる。その後、北タイのランナー王朝と友好関係を発展させ、1548年には、ランサーン王国王子がランナー王朝に就任した。同王(セタティラート)は、やがてランサーンに戻りランサーンの王位についた。1560年 セタティラート王は、ビルマからの攻撃に備え、シェントーンからヴィエンチャンに遷都。旧都はルアンパバーンと改名された。

 

 ビルマからのランサーンへの攻撃も始まり、1574年 ビルマ軍による王都ヴィエンチャン攻撃を受け、ラーンサーン王国はビルマの支配下に入る。1583年から1591年は、ビルマによる直接統治(ラオ人国王の任命無し)であった。1591年 1574年にビルマに連行・監禁されていたノームアン王子がビルマから釈放され、ランサーン国王に就任。ビルマ国内の混乱から、ヴォーラ・ヴァンサー王(在位1598年〜1622年)やスリニャー・ヴァンサー王(在位1633年〜1690年)のもとで、王国は復興・繁栄していく。しかしスリニャー・ヴァンサー王死去後、王位争奪戦が起こり、1707年 ラーンサーン王国が、ヴィエンチャン王国とルアンパバーン王国の2王国に分裂、1713年には、ヴィエンチャン王国から、チャンパサック王国が分離独立し、3王国分立時代に移行する。

  

 関連テーマ情報@

   ラーンサーン王国の創始者

      ファーグム王

       (1316年〜1373年、在位1353年〜1371年)

 ラオス統一国家ラーンサーン王国の建国者

 ファーグム王は、北部ラオスのシェントーン(現在のルアンパバーン)の都を支配した王族の出で、21代目のスヴァンナ・カムポン王の嫡孫であった。カムポン王の王子であり、ファーグムの父親であったヤックファー(カムオン王から嫌われピーファーとも呼ばれていた)は、カムポン王のクメール人の愛妾と通じているのが発覚。ヤックファーとファーグム、それにその他の王子や王女は追放され、クメール王の王宮に難を避けた。

  ファーグム王子は、長じるに及んでクメール王の王女を娶り、クメール王の強力な軍勢の支援を受けて、ラオス各地を勢力下に収めていき、シェントーンの都まで軍を進めた。1353年、戦いに敗れたカムポン王は自害し、ファーグム王子は、新たにラーンサーン王国を建国し、初代王となった。建国後も、チェンセン方面や、ラオスで服していなかったヴィエンチャンやヴィエンカム、更には、東北タイのロイエットまで勢力を拡大していった。

 

  しかし、ケーオケーンヤー王后の死後、ファーグム王は国政に関心を失い乱行が見られるようになり、重臣たちの間に不満が高まった。1371年ついにファーグム王は、ルアンパバーンからメコン河を越えたナーンに追放された。ファーグム王は2年後の1373年に同地で死亡し、ナーン王朝のカムタン王によって、ナーンのチェンガム寺に葬られた。

 

  ルアンパバーンでは、18歳になろうとしていたウンルアン(又はウンムアン)王子が、ラーンサーン王国2代目の王となった。この王は、サームセーンタイ王(「30万のタイ族」の意)の名で知られるが、サームセーンタイ王(1356年〜1417年 在位1374〜1417)は、1417年、60歳で崩御するまで、43年にわたってルアンパバーンを統治した。

 

(注:ラーンサーン建国前のシェントーンの歴史については、確実に知りえる史料はほとんど残されていない。ファーグム王の経歴についても、上記内容とは異なるものもあるが、本書『竜王のメコン河』では、上記内容に従っている。

異なる内容とは、カムポン王が亡くなった後、ヤックファーが22代目の王についており、一方ファーグムは、生まれたときに33本の歯を持ち、これは反乱を起こす不吉な前兆とされ、筏でメコン河に流され、漂着後クメール王にあずけられたというもの。クメール王室で育ちクメール王女を娶ったファーグムが、1343年に父王の死の知らせとともに叔父が都を支配していることを聞き、軍をシェントーンまで挙げていく。)

 関連テーマ情報B

  ヴィエンチャンに遷都し、ビルマ軍と戦ったラーンサーン国王

      セーターティラート王

       (1534年〜1572年、在位1348年〜1372年)

 

  ラーンサーン王国のポティサーララート王は、チェンマイを都とするランナータイ王国のヨート・カムティップ王女(ケート・クラウ王の王女)を妃とし、その間に生まれたのが、セーターティラート王である。

 

 ランナータイのケート・クラウ王は、1525年に王位についたが、1538年に貴族の反乱でシャン地方に追放され、チャイ王子が一旦、ランナータイの王位についた。しかしこの王子は、5年間の統治だけで(1538年〜1543年)貴族の反乱に遭い殺害され、ケート・クラウ王が再び王位につくことになった。2年後の1545年、ケート・クラウ王も

重臣セーンドゥの反乱で殺害されてしまう。ケート・クラウ王にはもう王女しかいなかったため、王位継承をめぐって重臣の間に分裂が起こるが、最終的にはシャン地方の領主の王族の一人を推すセーンドゥが殺され、ラーンサーン王国のセーターティラート王子を推す派が勝利した。ケートクラウ王女であったチラプラパーが一旦女王となっていたが、1548年セーターティラートがランナータイの新国王としてチェンマイに入城した。

 

 しかしながら、その2年後の1550年、父であるラーンサーン国のポティサーララート王が事故で亡くなると、ラーンサーン王国では、重臣達がポティサーララート王の弟たちをかつぎ王位継承が争われた。この機会にランナータイ国王であるポティサーララート王は、チェンマイから舞い戻り、弟たちを制圧して、ランサーン国の国王にも就任した。

セーターティラート王は、チェンマイに戻ることは無く、ランナータイの国政はチラプラパー王女に委任しようとしたが、チェンマイではメク(メクティ)新王が擁立された。

 

 当時、ビルマではタウングー王朝(1531年〜1751年)が成立し、バインナウン王の下、周辺地域に猛威を振るっていた。アユタヤへは1547年、1563年〜1564年の攻撃に続き1569年ついにアユタヤ王国を征服。チェンマイへは1556年進軍し占領。1558年よりランナータイを支配下に置いた。こうした中でセーターティラート王は、1560年、ビルマからの来るべき攻撃に備え、王都をヴィエンチャンに遷した。新王都ヴィエンチャンは、1563年にビルマの攻撃を受け、1569年にはアユタヤの支援のために進軍したセーターティラート王であったが、ビルマ軍に敗退。ランナータイ・アユタヤとも征服したビルマ軍は1570年再度ヴィエンチャンを攻撃した。迎え撃つラーンサーン側はゲリラ戦で対抗し、ビルマ軍を追い返し独立を保った。

 

 しかしながらこのセーターティラート王も1571年(あるいは1572年)、ラオス南部アトプー(カンボジアのアンコールとする説もある)への遠征中に行方不明となった。王に恨みを持つ重臣に殺されたと見られているが、一部住民の間ではセーターティラート王は不思議な力を備えて生き長らえたとも信じられていた。

セーターティラート王が亡くなった数年後の1574年、ラーンサーン王国はビルマの支配下に服することになる。

 

(注:セーターティラート王がランナータイ王に就任していたのは、1546年から1548年までで、ポーティサーララート王が亡くなったのは1548年とする説もある。この場合、ランナー王朝の王位については、1545年から46年までがチラプラパー王女で、1548年からメク王が就任するまでの1551年までの4年間が空位とされている。)