論考 アジア各地のナーガの”色と形”    文・写真: 岡崎信雄

本文へジャンプ
                   雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形”



   雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形”

     "Color and Form" of Naga(Dragon) of Tai Lue People in Xishuangbanna,Yunnan ,China

                              岡崎信雄 Nobuo Okazaki

 

   論文「雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形”」
   


  中国雲南省西双版納タイ族自治州シーサンパンナ(Xishuangbanna)の仏教寺院に見る仏陀を守

  護するナーガの造形に、インドのヒンズー文化と中国西南少数民族(ミャオ、チワン等)、いわゆる

  百越族の文化との異文化交流により形成されたのではないかと考えられる多様な造形を観察する

  ことが出来ます。佛教の南伝ルートと中国西南少数民族の民族移動を重ね合わせると、南インド

  をルーツとするナーガと東南アジア(ミャンマー,カンボジア、ラオス、タイ,中国西南部の地域)のナ

  ーガ(龍)の造形のトランスフォーメーションが解明されるような気がしています。 

 

   1989年の春節に西双版納の景洪を訪問し、仏教寺院を調査しましたが、当時は文化大革命の

  影響が影を落とし,寺院の復興が始まった時期で、十分な調査ではありませんでした。その後、19

  98年11月にタイ北部、東北部および中国雲南のシーサンパンナを、1999年11月にはミャンマ

  ー、ラオス、タイ中部を訪問しナーガの造形を調査しました。今回は、シーサンパンナのナーガ(龍)

  の造形(色と形)に焦点を当て、紹介したいと思います。 

    1. はじめに
    2.  百越族の文化、モン・クメール文化および西双版納タイ族文化の異文化交流

        3.  西双版納タイ族のナーガ(龍)の”色と形”

    4.まとめ

   

                          ラオス タイ・ラーオ族のナーガ(龍)の”色と形”


That Luang Neuic.JPG (30904 バイト)

         ラオス タイ・ラーオ族のナーガの”色と形”

                    "Color and Form" of Naga(Dragon) of Lao People in Laos

                              岡崎信雄 Nobuo Okazaki

 

      論文「ラオス タイ・ラーオ族のナーガ(龍)の”色と形”」

 

   
前回、中国・雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の色と形(造形)を紹介しました。

   今回はラオスのタイ・ラーオ族の仏教寺院に見るナーガの造形を紹介したいと思います。筆者は、

   1999年11月ラオスの首都ビエンチャンおよび古都ルアンパバンを訪問し、西双版納、タイ・ルー

   族のナーガの造形とラオス、タイ・ラーオ族の仏教寺院に見るナーガの造形が、同一文化圏の鶏頭

   ナーガであることを確かめるのが目的でした。シーサンパンナからラオスにかけてのメコン河の中流

   域には、多くのタイ・ルー族、タイ・ラーオ族が居住し、水田稲作農耕に従事していますが、いずれも

   信仰篤き上座部佛教徒です。アニミズムに根ざした鶏への土俗的な信仰心と仏陀信仰が融合し、鶏

   頭ナーガの造形が生み出されたのではないかと考えています。時代とともに移り変わるファッション性

   の強い色と形の造形文化にあって、佛教の祭祀儀礼を背景とした仏陀守護のナーガは、中国共

   産党中央政権のシーサンパンナ地方への支配権の確立や文化大革命、ラオスの王政に代わる社会

   主義革命政権の誕生など、歴史の激動を乗り越え、意外と根強く継承されているのではないかと考え

   ています。

 

    1. はじめに
    2.  タイ・ラーオ族のナーガの”色と形”

          2・1 ビエンチャンのナーガ    フォトアルバム (ビエンチャンのナーガ)

          2・2 ルアンパバンのナーガ   フォトアルバム (ルアンパバンのナーガ)

        3.  まとめ

 
    

                      北タイ タイ・ユアン族のナーガ(龍)の”色と形”

   テキスト ボックス:                                 

 

 北タイ タイ・ユアン族のナーガ(龍)の”色と形”

     "Color and Form" of Naga(Dragon) of Thai-Yuan People in Northern Thailand

                           岡崎信雄 Nobuo Okazaki

 

 

 

       


  
 これまでに、中国・雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の色と形ラオス タイ・ラーオ
   族のナーガ(龍)の“色と形”
を紹介しました。今回は北タイのタイ・ユアン族の仏教寺院に
見るナー
   ガ(龍)の造形を紹介したいと思います。


     以前(2001年9月)、京都大学付属の研究機関、東南アジアセンター(現在は研究所)開催の

   東南アジアセミナーに参加したことがあります。毎年、東南アジア研究の若手研究者を対象にし
   た
夏季セミナーが開催されています。このような研究所の存在や、セミナーが開催されているの
   を知
ったのは、インターネットで東南アジア研究所のホームページを見たのがきっかけでした。

   2001
年のテーマは「東南アジアの歴史万華鏡-21世紀を迎えて」でしたが、聴講を申し込んだ
   所、幸い
参加できることになり、プロの先生方がどのような視点で研究しておられるのか、若手
   研究者の皆
さんのアクティビティーなどなど、大いに得るところがありました。このセミナー開催
   時、昼食のおり
に、たまたまタイのチュラロンコン大学から来ておられた女性研究者の方と、言
   葉を交わす機会が
あり、仏陀守護のナーガの造形に興味があり調べていると話した所、「それ
   は北タイの文化ですね」
とのことでした。お見受けした所、中国の広東あたりでよく見かける華人
   系の容姿の方であったとの
記憶です。グローバル化したタイ文化の中心地、バンコク生まれ、バ
   ンコク育ちの都会人にとって、
鶏頭ナーガによる仏陀守護の文化は、北タイ特有のアニミズムに
   根ざしたエスニックな文化と受け
止められているようです。