論考 アジア各地のナーガの”色と形”    文・写真: 岡崎信雄

本文へジャンプ
                   北タイ タイ・ユアン族のナーガ(龍)の”色と形”


テキスト ボックス:

                                      

 

北タイ タイ・ユアン族のナーガ(龍)の”色と形”

     "Color and Form" of Naga(Dragon) of Thai-Yuan People in Northern Thailand

                           岡崎信雄 Nobuo Okazaki

 

 

 

       これまでに、中国・雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の色と形ラオス タイ・ラ
  ーオ族のナーガ(龍)の“色と形”
を紹介しました。今回は北タイのタイ・ユアン族の仏教寺院に見
  るナーガ(龍)の造形を紹介したいと思います。

 

      以前(2001年9月)、京都大学付属の研究機関、東南アジアセンター(現在は研究所)開催の

   東南アジアセミナーに参加したことがあります。毎年、東南アジア研究の若手研究者を対象にした

   夏季セミナーが開催されています。このような研究所の存在や、セミナーが開催されているのを知

   ったのは、インターネットで東南アジア研究所のホームページを見たのがきっかけでした。2001

  年のテーマは「東南アジアの歴史万華鏡-21世紀を迎えて」でしたが、聴講を申し込んだ所、幸い

  参加できることになり、プロの先生方がどのような視点で研究しておられるのか、若手研究者の皆

  さんのアクティビティーなどなど、大いに得るところがありました。このセミナー開催時、昼食のおり

  に、たまたまタイのチュラロンコン大学から来ておられた女性研究者の方と、言葉を交わす機会が

  あり、仏陀守護のナーガの造形に興味があり調べていると話した所、「それは北タイの文化ですね」

  とのことでした。お見受けした所、中国の広東あたりでよく見かける華人系の容姿の方であったとの

  記憶です。グローバル化したタイ文化の中心地、バンコク生まれ、バンコク育ちの都会人にとって、

  鶏頭ナーガによる仏陀守護の文化は、北タイ特有のアニミズムに根ざしたエスニックな文化と受け

  止められているようです。


               1、はじめに 

 

   仏陀守護の鶏頭ナーガ文化は、北タイのチャオプラヤ河上流域から中央タイへと南下するにつ

  れ、グローバル化した中央タイの文化に飲み込まれ、スコータイ以南ではその影は薄くなっていく

  ように思われる。北タイの中心都市であり、バンコクに次ぐタイ第二の都市でもある、国際観光都

  市チェンマイの文化も、バンコク同様グローバル化が進んでおり、造形としての具象的な鶏頭ナー

  ガは意外と陰が薄く、鶏頭ナーガのバリエーションとも云える、チェンマイ様式のナーガが、チェン

  マイおよびその周辺の地域に一般化している。

   仏陀守護の鶏頭ナーガ文化が、なぜ北タイのエスニック文化なのかは、北タイから中央タイにか

  けての、この地域の民族的、文化的なマイグレーションの歴史的な背景が深く関わっていると考え

  られ、10世紀以降、北タイから中央タイにかけての、タイ族、モン族、クメール族、ビルマ族の民族

  興亡の歴史を概観してみたい。

   北タイの山地部から平野部を貫流する、チャオプラヤ河流域の10世紀から18世紀、西欧列強

  の植民地支配にいたるまでの歴史は、先住のクメール族、モン族と中国西南の周辺部より南下し

  たタイ族との熾烈な民族興亡の歴史でもあると同時に、北と南の民族的、文化的なマイグレーショ

  ンによる、この地域の文化的なグローバル化が加速した世紀でもある。タイ族が10世紀頃、南下

  を開始した当初は、タイ族と先住のモン、クメール族との抗争であり、一方、ミャンマーのイラワジ

  河沿いに南下したビルマ族は、モン族、シャン(タイ・ヤイ)族との抗争をくりかえした。タイ族とモン、

  クメール族との抗争に決着がつき、チャオプラ河流域には13世紀から14世紀にかけてタイ族の

  覇権が確立、タイ族の王国が続々誕生した。北から順次、ランナータイ王国(1296年)、スコータ

  イ王国(1238年)、中央タイにはアユタヤ王国(1350年)が建国され、スコータイ王国は13世紀

  後半から14世紀前半にかけてのラーマ・カムヘン王時代、隆盛を極めたが、その後1387年アユ

  タヤの属領となり、1483年にはアユタヤに併合され、中央タイの勢力圏に組み入れられた。アユタ

  ヤ王国は14世紀後半から18世紀後半の約400年間(1351―1767年)続き、東北アジア(中国、日

  本)、東南アジア島嶼部(マレーシア、インドネシア)、南アジア(インド、スリランカ)、ヨーロッパ諸国

  との盛んな貿易による国際的な交易国家として、民族的、文化的なマイグレーションによるグロー

  バル化が進み、北タイのエスニックな文化が入り込む余地はなかったのであろう。

   一方、ミャンマーのビルマ平原を拠点としたビルマ族のパガン王朝(1044~1287年)は、12世

  紀(1287年)モンゴルの侵攻により崩壊、一時期、上ビルマ地域には現在ミャンマー領のシャン高

  原に居住する、シャン族(タイ・ヤイ族)が侵入、アヴァ朝(1364~1555年)がこの地域を250年

  にわたって支配した。その後、下ビルマに逃れたビルマ族は勢いを盛り返し、タウングー王国(14

  86~1752年)によるビルマ統一を開始し(1531年)、1546年ペグーを首都にする。この勢力が、

  北タイ地域に侵攻(1556年)、約200年間(1556~1774年)にわたりタイ族を支配した。このビルマ

  族による北タイの支配が、この地域の文化をアユタヤのグローバル化した文化から隔離し、北タイ

  のエスニックな文化を継承させたのではないかと考えている。


      2.北タイ、タイ・ユアン族のナーガの“色と形”

   中国西南部周辺より北タイへと移住したタイ族は、タイ・ユアン族と呼ばれ、シーサンパンナのタ

  イ・ルー族は、タイ・ユアン(Tai Yuan)族のルーツであると言われている。古く、タイ族は長江の南、

  浙江、福建、広東、広西、雲南、越南(ベトナム)に居住した百越族と密接な繋がりがあるといわれ、

  灌漑水耕稲作農法とともに、精霊信仰の民して北タイへと移住、鶏頭龍の文化も同時に伝えられた

  と考えられる。その後上座部佛教の導入とともに仏陀守護のナーガ文化が伝来、コブラの蛇頭が

  鶏頭に置き換えられた。この鶏頭ナーガの文化は、かってのランナー王国の勢力圏であったチェン

  マイ、チェンラーイ、メーサイ、チェンセーンにおいて、鶏頭ナーガのバリエーションとも云える造形を

  見ることが出来る。また、チェンマイの南、ランパーンにあるワット・プラ・タート・ランパーン・ルアン

  には、15世紀頃の造形とされる鶏頭ナーガを見ることが出来る。

   一方、北タイ南辺のスコータイ、ピサヌロークの地域については、15世紀後半以降、アユタヤ王国

  の勢力下にあり、中央タイの文化圏に属するが、世界文化遺産のスコータイ遺跡およびピサヌロー

  クを訪れ、仏陀守護のナーガ文化を調査した。


 

                              2・1 ランパーンのナーガ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                  


  


  図1:ワット・プラ・タート・ランパーン・ルアン

 

  チェンマイの南、約100キロ、ランパーン(Lampang)の近郊に、北タイで最も壮大なランナー様式

  の寺院といわれるワット・プラ・タート・ランパーン・ルアン(Wat Phra That Lampang Luang)がある。

  寺院への階段の左右には、マカラの口から吐き出されるナーガと獅子が配され、参道を守護する。

  このナーガの頭部の造形は、鶏頭のバリエーションの一様式と筆者は考えている(図2、3)。境内

  への入口には、15世紀中期建造の寺門があり、その上部には、左右に鶏頭ナーガを配し、尾の

  部分が絡み合った装飾用の塑像がある(図4,5,6,7,8)。このような構図の装飾は、スコータイ

  遺跡のクメール様式のプラーン(prang、塔堂)であるワット・シー・サワイ(Wat Si Sawai)の仏龕や、

  東北タイ、ナコーン・ラチャシーマ(Nakhon Ratchasima)にある、ピマーイ遺跡のヒンズー寺院神殿

  入口上部の飾り(lintel、リンテル)にも見ることができるが、しかし、これらナーガの頭部はコブラの

  蛇頭である。境内には、1476年築、ランナー様式の三層屋根に覆われ、建物の四周は吹き抜け

  の、タイ最古とされるチーク材の木造建築、仏殿、ルアン(Wihaan Luang)がある(図1)。この仏殿

  奥には、金箔貼りの厨子(図9)が配され、仏陀像が安置されているが、この厨子の黄金のレリー

  フ(浮彫)には、3頭の鶏頭ナーガを吐き出す構図のナーガ、およびその下方の左右に鶏頭ナーガ

  を配する構図のナーガを見ることが出来る(図10、11、12)。仏殿の後部には、1449年築、14

  96年に再建されたとされる、ランナー様式の銅板張りの仏塔がある。仏塔の四周には防護柵が

  あり、防護柵に設けられた仏塔への入口の飾りには、傷みは激しいが、鶏頭ナーガの塑像を見る

  ことが出来る(図13、14)。図15,16は仏陀像の前面に配置された、柱状、木製の鶏頭ナーガ

  像である。これらはいずれもランナータイ王国(1291年~1556年)中期の作品であり、タイ・ユア

  ン族が中国南西部周辺(雲南)に居住した当時のタイ・ルー族やタイ・ラーオ族と共有する文化の

  名残を示すものであろう。 

          ⇒フォトアルバム (ランパーンのナーガ)

 


north thai 02L.JPG (27242 バイト) north thai 03L.JPG (32570 バイト) north thai 04L.JPG (45630 バイト) north thai 05L.JPG (44788 バイト) north thai 06L.JPG (60287 バイト) north thai 07L.JPG (75219 バイト)

図2 

境内への参道

図3 

参道守護のナーガ

図4 

境内への寺門

図5 

鶏頭ナーガ

図6 

マカラと鶏頭ナーガ

図7 寺門装飾の
鶏頭ナーガ
north thai 08L.JPG (87169 バイト) north thai 09L.JPG (33143 バイト) north thai 10L.JPG (71034 バイト) north thai 11L.JPG (44770 バイト) north thai 12L.JPG (71614 バイト) north thai 13L.JPG (40780 バイト)

図8

鶏頭ナーガ

図9

金箔張りの厨子

図10 マカラと

 ナーガの浮彫

図11

鶏頭ナーガ

図12

鶏頭ナーガの浮彫

図13 

仏塔入口

north thai 14L.JPG (59665 バイト) north thai 15L.JPG (30067 バイト) north thai 16L.JPG (37820 バイト)

図14 仏塔入口

 の鶏頭ナーガ

図15 仏陀守護の

 鶏頭ナーガ

図16 

鶏頭ナーガ



  2.2  チェンマイ、チェンセーン、メーサイのナーガ
 
             

   前述したが、ビルマ族の北タイ支配は、約2世紀(1558~1774年)にわたり、北タイを拠点と

  したビルマ族とアユタヤ王国との抗争は、チェンマイの都市機能を荒廃させるにいたった。その間、

  ビルマ族のタウングー朝はコンバウン朝(1752~1885年)へと交代したが、1767年、コンバウ

  ン朝の遠征軍はアユタヤ王国を攻略、王都アユタヤは灰燼に帰し、アユタヤ国は崩壊した。その後、

  アユタヤ軍の生き残り、タークシン将軍が、トンブリー王国(1767~1782年)を再興したが、周辺

  諸国(ビルマ族、クメール族、ラオ族)との抗争に明け暮れ、王の暴政も災いし失脚、1782年、チャ

  クリー将軍(ラーマ1世)によるラタナコーシン朝(シャム王国、その後タイ王国に国名を変更)がバン

  コクに誕生、1785年にはビルマ軍を撃退した。長期間ビルマ族に占領されていた北タイを再びタイ

  族の手に取り戻し、チェンマイの本格的な復興が始まったのは、1796年である。19世紀に入り、

  チェンマイ周辺の北タイ各地、シャン高原からの人々の流入により都市機能を回復、木造建築の仏

  殿が再興されるようになった。その後、20世紀後半、老朽化した木造建築の仏殿に代わり、鉄筋

  レンガ積み、モルタル仕上げの仏殿へと、修築あるいは新築され、仏殿守護のナーガの造形も、鶏

  頭ナーガから象の鼻をモチーフとした、我々が北タイにおいて、よく見かける、現在の造形へと変化

  してきた。しかし造形の表情は鶏的であり、筆者は鶏頭ナーガのバリエーションととらえている。


             フォトアルバム (チェンマイ、チェンセーン、メーサイのナーガ)

 

   北タイのナーガの造形を年代により大別すると、

 

  (1)ランナータイ王国時代(1291~1556年)


 

   前述した、ランパーンのワット・プラタート・ランパーン・ルアンのナーガに、その事例を見ることが

  出来る。図17,18は、チェンマイ市内のワット・チェディ・ルアン(Wat Chedi Luang)の仏塔(1441

  年建立)を守護するナーガである。近年修復されたとのことであるが、ナーガの造形がどの程度、

  正確に復元されているかは不明である。図19は、チェンマイ市内のワット・マナラ(Wat Manara)

  仏塔を守護するナーガである。両翼を有しており鶏としての特徴を残している。

  (2)ビルマ族の支配を脱し、チェンマイの復興期にあたる1800年代

 

   この事例としては、チェンマイのワット・プラ・シン(Wat Phra Singh)の聖堂(ubosot)(1820年代

  に建立、1929年修復)を守護するナーガと獅子の像がある(図20)。筆者は、この時期、ナーガ

  頭部の造形のモチーフが、鶏頭から象の鼻へ移行する過渡期ととらえている。頭部鶏冠の先端部

  に相当する部分が上方へ長く延び、象の鼻を象徴するようになったと考える(図21)。

north thai 17L.JPG (76061 バイト) north thai 18L.JPG (38997 バイト) north thai 19L.JPG (42012 バイト) north thai 20L.JPG (32937 バイト) north thai 21L.JPG (62893 バイト)

図17・図18

ワット・チェディ・ルアン仏塔のナーガ

図19 ワット・マナラ

仏塔のナーガ

図20・図21

ワット・プラ・シン聖堂のナーガ


  (3)タイ王国の中央政府に編入され、中央タイと政治的に一体化した1900年代

 

   中央タイとの政治的な一体化、中央タイよりの人々の流入により、チェンマイの民族的、文化的

  なマイグレションが進み、タイ・ユアン族は北タイ人への変質した。同時期、ナーガ頭部のモチーフ

  も鶏から象へとトランスフォームしたようである。一見した所、鶏頭を想像するのは困難であるが、

  造形の表情は鶏的であり、鶏、象、獅子、蛇体の要素より構成される、鶏頭ナーガのバリエーショ

  ンとして、筆者は認識している(図22、23、24、25、26、28,29,30)。仏殿を守護するナーガ

  は、ナーガとマカラが一体化した造形で、両翼を認めれることは出来ないが、ワット・プラタート・ド

  イ・ステープ(Wat Phura That Doi Suthep)の棟飾りのナーガ(図27)はナーガ単独のため、両翼

  を認めることが出来る。

    チェンマイのナーガ

north thai 22L.JPG (54194 バイト) north thai 23L.JPG (37394 バイト) north thai 24 L.JPG (37470 バイト) north thai 25L.JPG (86801 バイト) north thai 26L.JPG (38958 バイト) north thai 27L.JPG (50600 バイト)

図22・図23

ワット・プラ・シンのマカラとナーガ

図24 

ワット・ジェット・ヨートのマカラとナーガ

図25・図26

ワット・プラタート・ドイステープのマカラとナーガ

図27 ワット・プラタート・ドイステープの棟飾りのナーガ
north thai 28L.JPG (30295 バイト) north thai 29L.JPG (52697 バイト) north thai 30L.JPG (36434 バイト)

図28・図29

ワット・ブッパラムのマカラとナーガ

図30

ワット・ドック・ユアンのマカラとナーガ

 


    チェーンセンのナーガ

   象とナーガが仏殿を守護する。この事例は、象の鼻がナーガ造形の構成要素として取り入れら

   れていることを良く示している。


north thai 31L.JPG (77751 バイト)

図31

ワット・パーカオ・パーンのマカラとナーガ



      メーサイのナーガ

north thai 32L.JPG (52095 バイト) north thai 33L.JPG (48818 バイト) north thai 34L.JPG (59183 バイト)

図32・図33・図34

ワット・プラタート・ドイ・ワーオのマカラとナーガ



  2.3  スコータイのナーガ
              

   北タイ南辺のスコータイには、世界文化遺産に指定された、スコータイ遺跡がある。タイ族による

  スコータイ王国(1238年)建国以前、アンコール都城よりの王道がピーマイを経由しスコータイに

  至っており、クメール帝国最北の拠点都市であった。タイ族のクメール支配からの独立後にあって

  も、この地域におけるクメール文化の優位性はタイ族を圧倒していたであろう。鶏頭ナーガが仏陀

  を守護するエスニックな文化は、残念ながらスコータイ遺跡において見ることはなかった。遺跡には

  クメール支配時代の仏塔、ワット・シー・サワイ(Wat Si Sawai)が保存されており、塔に施された装

  飾の漆喰製塑像は、マカラの口から吐き出される蛇頭ナーガである。

north thai 35L.JPG (81047 バイト) north thai 36L.JPG (105119 バイト) north thai 37L.JPG (111231 バイト)

図35・図36・図37

ワット・シー・サワイのマカラとナーガ


 2.4  ピサノロークのナーガ
              

   スコータイの南、約20キロ、ピサノロークには多くの仏教徒が参詣する有名な寺院、ワット・ヤイ

  (Wat Yai)がある。仏殿に安置された仏像、チンナラート・仏陀(Chinnarat Buddha)(図38)は、ピ

  サノロークの鋳造所において制作されたブロンズ製で、優美な造形で広く知られている。この仏陀

  守護の光背は、ワット・シー・サワイの蛇頭ナーガの頭部を象に置き換えた構図である。ピサノロー

  ク製のチンナラート仏は、タイ各地の寺院にも安置されており、図39,40,41,42にチンナラート

  ・仏陀とその光背の事例を紹介する。なおワット・ヤイの門前を守護するのはナーガではなく、象と

  獅子の像である。


north thai 38L.JPG (63411 バイト) north thai 39L.JPG (34922 バイト) north thai 40L.JPG (56373 バイト) north thai 41L.JPG (30260 バイト) north thai 42L.JPG (35423 バイト)
図38 ワット・ヤイの仏陀像 図39・40  チンナラート仏陀像と
象頭ナーガ光背の事例
図41・42  チンナラート仏陀像と
鶏頭ナーガ光背の事例



              フォトアルバム (スコータイ、ピサノロークのナーガ)


      3 まとめ 

   ランナータイ王国時代(1291~1556年)、北タイのナーガの造形は、鶏冠、獅子の鬚、蛇体よ

  り構成され、その表情は鶏的であった。その後、約200年(1556~1774年)にわたるビルマ族

  の支配を経て、19世紀以降、中央タイとの文化的な一体化による、タイ・ユアン族から北タイ人へ

  の変質により、モチーフも象へと移行し、象の鼻、獅子の鬚、蛇体より構成される、北タイ様式(チ

  ェンマイ様式)とも云える、現代のナーガの造形に様式化されたと考えられる。北タイ人は象をモチ

  ーフとしたナーガとしてとらえているようだが、造形作家の意図にもよるのであろう、ナーガの表情

  は獅子的であったり、鶏的であったりするようだ。あま、あまり詮索する必要はないであろう。造形

  アートとして鑑賞、楽しめばよいと云うのが、筆者の結論である。

 

  参考資料
    1. Windows to ChiangMai Online guide
(http://www.chiangmai1.com/chiang_mai/chiang-mai.shtml) 
    2. The Development of Thai Culture, Published by Thai Culture(1993)
    3. The Dai , Z Linangwen, DD Books(1992)
    4. Thailand 7th edition, J.Cummings, Lonely Planet Publications(1997)

         5. 世界の歴史18 東南アジア 川辺利夫、河出書房新社(1990)

         6.東南アジア史、レイ・タン・コイ、石澤良昭訳、白水社(2004)

         7.東南アジアの歴史、桜井由躬雄、放送大学教育振興会(2002)

            8. 新書東洋史7 東南アジアの歴史、永積 昭(1988)

         9. 東南アジア史2 東南アジア古代国家の成立と展開、岩波書店(2005)

        10. フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 タイの歴史http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:タイの歴史


  第二次世界大戦後の植民地支配よりの解放、冷戦の終結、東南アジア、南アジア、東北アジア

  の民族的独立による多極化は、この地域の地政学的状況を、西欧列強の植民地支配以前の16

  世紀的な状況に、時計の針を逆戻りさせてしまったように筆者には感じられます。中国の超大国化

  と覇権主義、多民族国家としての東南アジア諸国の政情不安、その背後にある華人、華僑勢力の

  動向とネイティブな人々に地あする優越感、タイ族、ビルマ族、クメール族の民族的確執は今なお

  水面下において、生きつづけているようでもあります。中国、東南アジアを旅行して、チョッとした会

  話のやり取りに、民族的な確執を感じるのは、筆者の思いすぎかもしれませんが。蛇足ですが、

  1939年までタイ王国は、国際的にシャム王国(Siam)と呼ばれていました。これは梵語(サンスク

  リット語)で黒色を意味し、クメール語で野蛮人を意味するのだそうです。